ライフハック

TwitterのタイムラインをEvernoteに保存する方法

投稿日:2010年3月29日 更新日:

Twitterを使い続けていると、フォローが増えてきて、タイムラインを追えなくなります。
そんなときに必ずチェックしたいユーザーのタイムラインを後で読む。それをEvernoteを活用して解決する術がありました。

最終的にEvernoteに保存して、後で読む+検索して取り出せる状態にすることがゴールです。
ノウハウや名言を使いたいときに思い出すより検索する。
BOTだけをEvernoteに保存するなど、いろいろ使い分けはできそうですね。

テスト的に使っていますが、保存したいタイムラインの性質を切り分けて、アカウントを絞り込んでいこうと考えています。

以下のツールを使って実現できました。

特定のアカウントのタイムラインをメールしてくれるツイートメール

ツイートメールは、指定した10個までのアカウントのタイムラインを1日1回送ってくれます。
その他に、「指定したキーワード」「人気キーワード」「人気つぶやき」も一緒に送ってくれます。

このツイートメールの送信先をEvernoteのメールアドレスを指定するだけでゴール達成ですね!

キーワードを指定しておけば、調べたいこと・収集したい情報などインプット・ツールとしても活用できますね。

ツイートメール
http://www.tweet-mail.jp/

 

ツイートメールの新規アカウント登録の注意点

ツイートメール

簡単と思って、ツイートメールに登録するときに注意しなければならないのが、新規登録時のメールアドレス。

いつも使っているメールアドレスを指定すると、そのアドレスがツイートメールの送信先になってしまいます。
なので、新規登録時に入力するメールアドレスは、Evernoteのアドレスを指定しましょう!

 

Evernoteの専用メールアドレスを知る方法

ご存知かと思いますが、知らない人にはわからない場所にあるかと思いますので、書き留めておきます。

Evernoteメニュー

Evernote Webにログインしていただき、右上のユーティリティメニューの「設定」をクリックしてください。

 

Evernoteメールアドレス

設定ページの一番下に上記の画像のようなメールアドレスが記載されている箇所がありますので、画像の緑のバーで消してある箇所に書いてある専用のアドレスを使用してください。

-ライフハック
-,

Copyright © 2018 koziii.com All Rights Reserved.