GoogleがIMEに参入!データの横展ビジネス – Google日本語入力

; 公開日: : 最終更新日:2010/10/27 [ マーケティング ,

google日本語入力(IME)

この記事は、Googleの「Google日本語入力」を使って書いています。

そうです、GoogleがIMEに参入したんです。
IMEとは、右下のタスクバーにある言語バーです。
ちなみにIMEは、「Input Method Editor」の略だそうです。入力変換ソフトだそうです。

デスクトップが少しずつGoogle化してましたが、 とうとうIMEまでGoogle製になりました。
MicrosoftのIMEやATOKの2つが有名かと思いますが、Googleの無料モデルに勝ち生き残っていくことができるのでしょうか?特にATOK・・・

しかし、GoogleがなぜIMEに参入できるのでしょうか?

Googleのメインサービスの検索エンジンにヒントがあります。
最近では入力途中に変換候補を提案してくれるサジェスト機能がついてるのはご存知でしょうか。

この機能を支える重要な資源は、「キーワード」です。 
膨大な量の「キーワード」を持っていなければ、サジェストできないですよね。
この「キーワード」のデータベースこそGoogleの独自資源の一つです。

▼では、どうやってキーワード・データベースを構築したか?

検索エンジンは世界中のWEBサイトを歩きまわって(クロール)、情報を貯めこみます(インデックス)。貯めこんだ膨大な情報からキーワードのデータベースが作られます。また、ユーザーが検索した際のキーワードも貯め込まれているのではないでしょうか。

▼他サービスへの横展(独自資源の水平展開)

Google は、これらを検索エンジンだけではなく、他のサービスにも活用しました。
上記サジェスト機能、そして今回のGoogle日本語入力(IME)などですね。

企業が持つ資源を他のサービスやビジネスに活用する横展がビジネスモデルを増やします。既に持っている資源を使い、収益の柱を増やせるので、先行投資を少なく抑えることができます。

1つの収益源だけではビジネスモデルとしてはリスクが大きい場合も多々あります。
1つの資源から複数の収益源を生み出すことは、 ビジネスモデルを強固なものにしてくれます。

▼横展を考える

自分の周り、自分の働く企業の周りを見渡してみてください。

・今ある独自資源は何か?その資源を他に活かすことはできないか?
・これから育てていきたい独自資源は何か?
・ライバル企業に勝てる要素はどこか?
・ライバル企業が提供していて、自社ではやっていないサービスは何か?
・なぜライバル企業はそれをやっているか?
・ライバル企業がやっていなくて、自社が提供しているサービスは何か?
・なぜ自社ではそれができるのか?
・他の業界、近い業界ではどのようなサービスを提供しているか?
・既存顧客が持っている自社が提供出来ていない他のニーズは何があるか?

ビジネスの横展を考えてみませんか?
現在から考える、未来に向けて考える、両方に使うことができます。

GoogleがなぜIMEを提供し始めたのか、どこを目指しているのか聞いてみたいところです。Google Chrome OSとの結び付きが思いつきますがどうなんでしょうね。

それにしてもIMEより変換精度が高くて、デフォルト設定しちゃいますね、コレ。

ブログの最新情報はこちらで配信してます!

follow us in feedly
strategy
戦略を持たない経営

ある巨大企業が事業戦略を持たずに必要な機能はすべて潤沢な資金を投入して

world
細分化する世界がつまらない

夜中4時にとある5人で話してたことを備忘録として書く。かなり眠くて半分

pictogram
無料で企画書にもブログにも使えるピクトグラムがおもしろい

緑色の非常口マークを思い浮かべられますか?"走る人"でおなじみの非常口

snow
【神業ビッグエア】縦3回転・横4回転のトリプルコーク1620をキメた角野友基とマクセンス・パロットが超絶すぎる

ソチ五輪で新たに採用されたスロープスタイルのスノーボード日本代表・角野

元旦の夕日と富士山
カールツァイス・プラナーが想像を超える画で手放せない

12月にカールツァイスの単焦点レンズ "Carl Zeiss Plan

→もっと見る

  • koziii

    Marketing Manager / Analyst / Web Director / Strategy and Planning

    Google+:
    Gear: MacBook Air / iPhone / iPad mini / iPad / GR DIGITAL Ⅲ / DP1 Merrill / EOS M / Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 mm ZE

  • follow us in feedly

PAGE TOP ↑