Googleがパーキングの位置情報でリアルタイム性を導入したAndoroidアプリをリリース

; 公開日: : 最終更新日:2012/11/25 [ マーケティング

Google - "OpenSpot"
GoogleがGoogleLabsから新たなAndoroidアプリをリリースした。
駐車場の空き情報を共有する位置情報サービス”OpenSpot”だ。
”ほぼリアルタイム”な新鮮な情報を提供する。

foursquareに似ている部分があるが、他の特徴もあり面白い。

リアルタイム性を取り入れた新鮮な情報提供

このOpenSpotは、今いる近く(1.5km以内)の駐車場の空き情報を地図に表示してくれるAndroidアプリです。
OpenSpotの面白いところの1つが、空き情報は20分以内であることだ。
20分以上経った情報は消えるようになってる。
常に最新の空き情報がわかるのだ。
空き情報が全て正しい情報ではないが、それでも20分以内に限定してくれるのはとても助かる。

色でわかる情報の新鮮さ

色で何分前の情報かわかる画面
20分以内の駐車場の空き情報が表示され、さらに色によって情報の”fresh”が示される。

  • 最新の新鮮なスポットは、赤色
  • 5分前以上のスポットは、オレンジ
  • 10分前以上のスポットは、黄色
  • と色が何分前かによって変化する。

    みんなで空き情報を共有

    Openspotの画面
    Openspotでは、駐車場を出るユーザーが「ここ空いたよ」とOpenSpotに投稿することで空き情報を手に入れる。
    ユーザーが投稿する動機付けの一つは、”Karma Point”というポイントである。
    投稿することで、ポイントが貯まる仕組になっている。
    このあたりはFoursquareに倣っているようだ。

    みんなで投稿して、駐車場の空き情報を共有するのは良いアイディアだが、ユーザーがいることが条件になるから、田舎とかだとあまり役に立たず、都心がメインになりそうですね。

    しかし、時間の扱い方、表現の仕方と理に適っていて、これから期待ですね。

    ブログの最新情報はこちらで配信してます!

    follow us in feedly
    strategy
    戦略を持たない経営

    ある巨大企業が事業戦略を持たずに必要な機能はすべて潤沢な資金を投入して

    world
    細分化する世界がつまらない

    夜中4時にとある5人で話してたことを備忘録として書く。かなり眠くて半分

    pictogram
    無料で企画書にもブログにも使えるピクトグラムがおもしろい

    緑色の非常口マークを思い浮かべられますか?"走る人"でおなじみの非常口

    snow
    【神業ビッグエア】縦3回転・横4回転のトリプルコーク1620をキメた角野友基とマクセンス・パロットが超絶すぎる

    ソチ五輪で新たに採用されたスロープスタイルのスノーボード日本代表・角野

    元旦の夕日と富士山
    カールツァイス・プラナーが想像を超える画で手放せない

    12月にカールツァイスの単焦点レンズ "Carl Zeiss Plan

    →もっと見る

    • koziii

      Marketing Manager / Analyst / Web Director / Strategy and Planning

      Google+:
      Gear: MacBook Air / iPhone / iPad mini / iPad / GR DIGITAL Ⅲ / DP1 Merrill / EOS M / Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 mm ZE

    • follow us in feedly

    PAGE TOP ↑