星野リゾート「トマム」の雲海テラスで体験した”口コミ”のシクミとシカケ

; 公開日: : 最終更新日:2013/10/06 [ days, マーケティング , ,

星野リゾート「トマム」の雲海テラスで体験した”口コミ”のシクミとシカケ

8月5日から北海道の帯広市に帰省してました。
星野リゾートには行ったことがなく興味があったので、帯広から程近いところにある星野リゾートのひとつ「トマムリゾート」に行ってきました。
(星野リゾート傘下になる前のトマムは何度か行ったことがありましたが)

きっかけは帰省する数ヶ月前にトマムリゾートには「雲海テラス」というカフェがあることを知ったことでした。
元々、トマムリゾートはスキー場があるのですが、そのスキー場のゴンドラであがったところに夏場は雲海テラスをオープンしています。

「雲海」と名付けられている所以は、朝5時など早朝に雲海テラスから見える景色に雲海が広がるところからです。
ほかでは見られないような素晴らしい景色が魅力のひとつ。
この雲海テラスは星野リゾート傘下になってからオープンしたのではないでしょうかね。

写真は朝焼けの雲海テラスです。
朝焼けの雲海テラス

幻想的な雲海がひろがる写真はトマムのサイトをご覧下さい。
今日はその雲海テラスで体験した素敵なはからいを紹介します。

ゴンドラの乗車券が雲海テラスの写真付きポストカード

冒頭ではなした雲海テラスへ行くゴンドラの乗り場での出来事でした。
乗り場でゴンドラ乗車券を購入する際にもらう乗車券が、「ポストカード」になってました。ポストカードには早朝の雲海がひろがるテラスの写真が裏面に載っていました。

ぼくはお昼に行ったので、雲海が見える時間帯ではなく、記念にポストカードをいただけたのが素直にうれしかったね。

そのときのポストカードがこちら。
乗車券のポストカード

ポストカードをもらって終わりじゃない

ポストカードの乗車券をいただいて、「へ〜」と思いながらゴンドラに乗って、上にあがっていき雲海テラスへ到着したところで、あるモノを発見しました。

郵便ポストが設置されていたのです。
「あ、これは粋だな」とおもった瞬間でした。

雲海テラスで魅力的な雲海をみたり、お昼の眺めのいい景色をみたりして、その感動を共有するシクミとしてポストカードが活きる。

いまここで見た感動を、そのとき伝えたい、共有したいと感じたことを行動にうつすサポートをしてくれる。
TwitterなどWeb上で共有することもできるけれど、昔ながらの手紙というかたちで思いを伝えられるのはWebで共有するよりもずっと伝わるんじゃないかなとおもいました。

感動した瞬間だからこそクチコミされる

テラスから見える一面にひろがる雲海という魅力的で人に伝えたくなるコンテンツ(シカケ)、その場にいない相手にも伝わるよう雲海テラスの写真付きポストカードの提供、感動した瞬間に伝えるアクションをとれる環境(ポストの設置)、この3つがそろってるからこそクチコミされやすいのでしょう。

もしポストがなかったら、時間がある程度経った後にポストカードにメッセージを書いて送ることになります。気持ちが最高潮のときを過ぎているから、伝えたい気持ちが薄れてポストカードを送らない可能性も高くなるでしょうね。

いいタイミングを逃してしまうよね。
感動したタイミングをとらえる、ポストの設置はシンプルだけどいいシクミだね。

Webに写真を投稿するのもいいけど、雲海は早朝にみれるものだから、あまり見てもらえないかもね。
リアルタイムに届くことより、雲海の魅力が伝えられるほうが良いね。ポストカードが届くのは数日後ではあるけれど、手紙を受け取ることや雲海の写真、感動のメッセージがひとりの人に届くほうがずっと印象に残りますね。
受け取った相手は強い興味をもつ可能性があるんじゃないかな。

「こんな手紙が届いたよ」という二次的なクチコミも発生するかもしれない。Twitterのように一気に伝播していくものではないけれど、ゆっくりじっくり伝播していくことが期待できるのではないでしょうか。

雲海テラスにいたとき、他に来ていた人たち数組が実際にポストに投函していましたよ。
手紙をおくることが以前よりずっと減ったいま、今回のようなサービスは素敵だと思うし、手紙を書こうと思ういい機会でした!

最後に。トマムリゾートの雲海テラスの写真をどうぞ

快晴
ゴンドラ乗り場の近くです。快晴でほどよく暑く過ごしやすい日でしたね。
奥に見えるのはツインタワーのホテルですね。
トマムはツインタワーが2つあります。
ゴンドラ乗り場
ゴンドラ乗り場の入り口ですね。
札幌行きのバスが出てたのにはおどろいた。
この日は人もそれほど多くなく、おだやかな日でした。
ゴンドラの中から
ゴンドラに乗ってる時に中から撮った写真です。
ほんとう緑が多く、ところどころからウグイスの鳴き声が聴こえてました。
ここは冬はゲレンデになるので、一度は滑ってみたいな〜と想像してた記憶がある。
ゴンドラからの景色
こちらもゴンドラで、上から下を撮ったところ。
一面、緑。
下の建物近くで乗馬体験をやってたけど、こういうゲレンデのほうまで乗馬できたら楽しそうだなぁ。
雲海テラス
雲海テラス。お昼なので雲海はありませんが、この日は快晴でしたのでとても景色がいい!他に来てた人たちも数組だったのでゆっくり過ごせました。
雲海テラスからの眺望
空が広い!
30度とあつい日だったけれど、この眺望とさわやかな風で気分は爽快!
冬はスキー場のトマム
見える範囲すべて山と緑。
ここからもウグイスの鳴き声が聴こえていて、自然を感じる。
夏らしい暑さと気持ちのいい風で心地良かった
いいリフレッシュになりました!

ブログの最新情報はこちらで配信してます!

follow us in feedly
strategy
戦略を持たない経営

ある巨大企業が事業戦略を持たずに必要な機能はすべて潤沢な資金を投入して

world
細分化する世界がつまらない

夜中4時にとある5人で話してたことを備忘録として書く。かなり眠くて半分

pictogram
無料で企画書にもブログにも使えるピクトグラムがおもしろい

緑色の非常口マークを思い浮かべられますか?"走る人"でおなじみの非常口

snow
【神業ビッグエア】縦3回転・横4回転のトリプルコーク1620をキメた角野友基とマクセンス・パロットが超絶すぎる

ソチ五輪で新たに採用されたスロープスタイルのスノーボード日本代表・角野

元旦の夕日と富士山
カールツァイス・プラナーが想像を超える画で手放せない

12月にカールツァイスの単焦点レンズ "Carl Zeiss Plan

→もっと見る

  • koziii

    Marketing Manager / Analyst / Web Director / Strategy and Planning

    Google+:
    Gear: MacBook Air / iPhone / iPad mini / iPad / GR DIGITAL Ⅲ / DP1 Merrill / EOS M / Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 mm ZE

  • follow us in feedly

PAGE TOP ↑