Wordpress

TOPSYのRetweetボタンを簡単に設置・カスタマイズできるWordPressプラグイン

投稿日:2010年4月22日 更新日:

TwitterでどのくらいRetweetされているか検索できる「TOPSY」というサービスがあります。
TOPSYで自分のブログ投稿のツイート数を表示してみる!

TOPSYではウェブサイトにRetweetボタンを設置できるパーツを配布しています。

Topsy Retweet Button for Website
http://labs.topsy.com/button/retweet-button/

上記サイトでコードをコピーしてソースに貼りつけていくのもいいのですが、Wordpressではプラグインを配布していました!

1.Wordpressプラグイン「Topsy Retweet Button」の設置方法

WordPress > Topsy Retweet Button
http://wordpress.org/extend/plugins/topsy/

(1) 上記サイトからプラグインをダウンロードして解凍します。

(2) 解凍されたフォルダをwp-content > plugins にアップロードします。

(3) WordPressの管理画面 > プラグイン で「使用する」をクリックして開始

(4) 管理画面 > 設定 にTopsyがでてきますので、オプション設定して保存。

たったこれだけの操作で設置ができちゃいます!

2.オプションでボタンをカスタマイズしましょう!

上記(4)のオプション画面は英語表示ですが、とても簡単にボタンをカスタマイズすることができます。

ボタンの外見を変更するメニューは、「Visual Appearance」です。
変更したプレビューは、右側に表示されているボタンを見れます。

(1)  Element Selection and Order
ボタンの表示項目の種類とその並びを選択します。

(2) Color Theme
ボタンの配色を選択します。 もう少しパターンが欲しいとこです。

(3) Streaming
Retweet数のカウントをリアルタイムで自動更新するかどうかのオプションです。

(4) Retweet Button Text
ボタンのテキストを自由に変更することができます。

ボタンの配置を変更するメニューは、「Button Placement」です。

(1) Position Button
コンテンツの前か後かを選択します。

(2) Float
コンテンツの右側か左側か回り込みしないかを選択できます。

(3) Additional CSS
余白をどのくらいとるか設定できます。数値を好みに変えましょう。

他にもいろいろ設定項目がありますが、基本的には上記だけ設定すれば大丈夫でしょう!

自分の投稿がRetweetされるとモチベーションがあがりますよね。
目に見えてわかるようにすることで、投稿のリインフォースをする仕掛けとして機能するかも?!

-Wordpress
-,

Copyright © 2018 koziii.com All Rights Reserved.